他人と比較しちゃう! 悔しい気持ちとの向き合い方

みなさん、こんにちは!

【元鴻(げんこう)のなるほど太極拳】のインタビューを務めさせていただく佐々木です!


本日のキーワード: 「他人と比較しちゃう! 悔しい気持ちとの向き合い方」


佐々木;

前回のなるほど太極拳

「太極拳で出来ない動きがあったらどうすれば?」で

他の人と自分を比較することに囚われず、

緩やかに楽しむこと”が大事と教えていただきました。

しかし、

とても上手な人は自分と明らかな差があるからか

まったく気にならないのですが、

自分と同じくらいの人”がどうしても気になってしまいます!

こういった、

負けたくない、上手くなりたい

という気持ちは、やはり

美しく流れるような太極拳をする為には

良くない事なのでしょうか?



げんこう先生;

いいえ、良くない事ではありません。

むしろ、

そういった切磋琢磨し合える方がいる事は

とても幸運なことです。

前回も申し上げましたが、

大事なのは

焦らないで緩やかに楽しむ事です。

どうしても比較してしまう、

その方を気にしてしまう原因は、

あなた自身が目指している太極拳に対し、

あなたより少しだけ上達している部分があるからだと思います。



佐々木;

確かにその通りです。。。

あぁ上手いなー。

でも、

「わたしだったら、あの動作はああするのになぁ」

とか考えてしまいます。。。



げんこう先生;

良い傾向ですね。

事実、

自分の動作を鏡や動画で見て分析するだけでは、

ある一定までしか上達できません。

切磋琢磨できる存在は、

自分の鏡でもあり、

常に互いを分析する事で

自分の長所と短所を細かく認識する事ができます。

しかし、

無理をして練習しても

成長にはつながりません。

陰陽の原理と同じく、

コツコツと基礎の練習を積み重ね、

太極拳の動きを楽しみながら励む事が上達の近道になります。



佐々木;

なるほど!!!

本当に勉強になります!

楽しむ事を忘れず、

コツコツと継続していく事が上達の秘訣ですね!

これからも頑張ります!

taichigokui-1024x576_edited.jpg

GENKO

中村げんこう

剣術、槍術、太極拳の世界的な武術家。

武術競技選手として世界で40個のメダルを獲得。

JOC日本オリンピック委員会強化コーチとして
アスリートの育成にも従事。

三大伝統中医学の一つ、推拿(すいな)の第一人者であり、生活習慣病の早期発見と回復を多く手掛け、自然治癒力、自己回復力を活性化する
方法を世界中で広く普及し多くの生徒を輩出。

genkolineimg.jpg
SNS-shar.jpg

About Me!

Facebook

Twitter

剣術、槍術、太極拳の世界的な武術家。

武術競技選手として世界で40個のメダルを獲得。

JOC日本オリンピック委員会強化コーチとして
アスリートの育成にも従事。

三大伝統中医学の一つ、推拿(すいな)の第一人者であり、生活習慣病の早期発見と回復を多く手掛け、自然治癒力、自己回復力を活性化する
方法を世界中で広く普及し多くの生徒を輩出。

GENKOBLOG 中村げんこうブログ

email : info@nakamuragenko.com

Copyright - Genko Nakamura, 2020 All Rights Reservesd.